日替わりのランチを
一種類だけご用意しています。

とまりぎは、鎌倉街道の旧宿場として栄えた町田市小野路町。 豊かな自然の中の古民家を改装した、小さな飲食店です。

地域の人や、ふらっと町に遊びに来た人、噂を聞きつけてきた人、 他愛もない話をしたい人、悩みを聞いてほしい人、 自然の中でのんびりコーヒーを飲みたい人。

どんな方も大歓迎です。 店主が日替わりメニューを用意して お待ちしております。

とまりぎの営業日は不定期です。カレンダーで事前にご確認ください。

読み込み中... 読み込み中...

住所:東京都町田市小野路町 892-1

ランチタイム12:00~14:00
カフェタイム14:00~16:30

電話番号042-860-5939

私は元々理学療法士として、回復期のリハビリテーション病院で働いていました。
特に、脳卒中発症後の片麻痺(身体の半分が動かなくなってしまう状態)の患者さんは多く、いざ退院して社会に戻ったとしても、今までと全く変わらない生活に戻れる、いう方は少ないの が現状でした。

最低限の生活はこなせたとしても、リハビリのための生活になってしまい、
「障がい者になったからもう何も出来ない」「車椅子だから無理だよね」と、塞ぎ込んでしまう方もいました。
やりたいことが出来ない、出来るのかもわからない、挑戦するのも怖い。

それは、病気や怪我をおってしまった方だけに限りません。
様々な理由で一歩踏み出せない人は、世の中にたくさんいらっしゃるかと思います。

そんな「どうせもう出来ないかもしれない」ことを「実現出来る可能性がある場所」にしたいです。人の力で何らかの形でサポートしてみたり、私の力では出来なくても、別の誰かになら叶えられ る可能性があるかもしれない。

例えば、料理が得意な人がいて、街の飲食店では何かの理由でキッチンには立てない。でも、この kitchen とまりぎだったら、もしかしたら「やりたい」が叶うかもしれない。

食を通して、やりたいことに近づけられるように支援したり、その姿を見た人に感銘を与えて、連鎖していく。
私の力だけでは難しいことも、ここに足を運んで、誰かに出会えたことで、新しい考えを知って、アイデアが広がって、
可能性も増えるかもしれない。

そんな、コミュニティの機能としても、みなさんと関わっていきたいと思います。

そして、そもそも病気にならないような身体作り。
食品添加物大国と言われてしまうほどの日本は、食と健康に対する意識が他国と比較しても低い ようで、
海外では禁止されているような食品添加物が、日本では普通に使われたりもしています。食事と健康状態は、密接に関連していることを、私自身が体感しました。そして、まだまだ勉強 中です。
自然のエネルギーをいただくことの大事さ、食を通して健康を伝えていきたい。
キッチンの隣には、集会場も出来ますし、食に関するイベントも開催していく予定です。

一般的な飲食店のイメージが、良い意味で当てはまらないような、店主・お客さんとしての関係 性を超えて、
元医療職の強みも生かしながら、食 × 健康 × 医療 × つながり を軸に、
みんなで創っていけるキッチンスペースにしていきたいと思っています。

よろしくお願いします。